blogブログ

  • 2017年10月5日

    <現場>テナントビル@錦町

    こんにちは!シミズです。

    今日は、錦町のテナントビルの現場の状況を少し。

    現在は鉄骨建方と鉄骨階段据付をスタートしています。

    階段が、こんな風に横たわっていたら迫力がすごいですね。

    狭小地なので、近隣のかたがたには大変ご迷惑をおかけしております。

     

     

    ・・・

    建築現場ではその場でさまざまな”試験”をします。

    上記の鉄骨建方よりも少し前の工程ですが、

    コンクリートを打つときには必ずコンクリートの配分の試験をします。

    温度、水分量(スランプ値といいます)、塩化物量・・などなど。

    きちんとチェックしないと、コンクリートにひび割れが起きたり、耐久性が悪くなったりします。

    もちろんバッチリ合格で打設しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    試験用コンクリートを混ぜるときの棒を何回回すか?というところまで実は決まりがあったりするんですよ。

    建築豆知識でした。笑

    引き続き宜しくお願いします。

    今日もありがとうございます。

    (arisa)


  • 2017年10月1日

    GRIT=やり抜く力

    今回のブログ投稿は木戸です!

    「GRIT」は人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」言われている!

    グリット、、、最近よく聞くことばだ、、、一部の天才的な才能の持ち主を除いて、

    建築設計の仕事においてこのスキルがその後のその人の将来を大きく左右すると感じる。

    建築設計は知識見識や技術や創造力を幅広くしかも深く持ち合わせる必要がある。

    それを習得するには長い年月をついやす事を求められる。

    ようは、仕事が出来るようになるまでに時間がかかるのである・・・スタッフにはこの業界で10年がんばれ!と言っています!

    自分を含めこの業界で関わった全ての人たちを見まわしてみても、

    建築設計の仕事で実績をつくっている人物は間違いなくこのスキルを持っている。

    「GRIT」は努力でどうにかなること・・・と言い換えることもできる。

    我々凡人にとってありがたいスキル!

    どの物件も最高の成果を掴む状態になるように

    やり抜いて行きたいと思います。

     

    画像は因島の親戚の工場跡地(子供の頃よく遊んだ想い出の場所)に建築中のM邸。

    これまた親戚が社長を務める工務店で建築中!

    実施設計は行ってないが基本プランをお手伝いした。

    笑顔いっぱいの幸せな生活の場になってもらいたいと願っています!